×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


 
>>俺流BLOG
適当に更新してます

携帯版《俺流mobile》
>>URLを携帯にメールする
試験的に公開中!バイク関連の携帯電話帳や携帯サイトリンク集もあります。下記QRコードからアクセス可能です。
※機種によって見れない可能性もあります
俺流mobile紹介ページ
since 1999.10.16くらい



↓バイク保険ネットで見積もり
《バイクの任意保険について》
(↑当サイト内記事へ)

V-MAXの本、バイクの本が400冊以上!
《俺流セレクトBOOKS》

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

V-MAXの本、バイクの本が400冊以上!
《俺流セレクトBOOKS》

 
 
 
 
 
 
 
 


【2001年5月3〜5日 紀伊半島ツーリング】

ぼちぼち暖かくなってきた5月。
半ば思いつき的に紀伊半島までツーリング。
メンバーは会社のバイク好き計4人。

ウチの隣に住んでてほぼ毎週愛車を磨く男、
ゼファー1100のスドウ(異様に早起き)。

去年の秋、一緒に京都巡り中、転けてタンクがへこんだまんまの
白いDRAG STAR400に乗る、
カミジョー(見かけによらずかなりの遊び好き)。

青山なんだけど四畳半の公団(風呂・便所なし)に住む
FTR223のコバヤシ(中免取り立て)。

それと俺(金なし)。

車種も排気量も全然違うけど、
みんな暇だったのでとりあえず行くことになった。

5月3日(木)
集合は朝6時、三軒茶屋。(俺の自宅)
前日は部署の歓送迎会で泥酔。
何時に帰ったかよく覚えていない・・・。
早朝スドウからの電話で目が覚めるが、
二日酔いどころかまだ酒が残っていたかもしれない・・・。
(すみません、もう二度としません・・・)

でも、出発。

ちなみにどしゃ降り。
こんな時のために用意してあるレインスーツを着込んで
思考能力ゼロのまま東名でひたすら西を目指す。
確か渋滞してた気がするけど良く覚えてない。
気づいたら富士川SAで、晴れ間が見えてきていた。

後々考えるとこんな状態ですり抜けやりまくって
よく事故らなかったもんだ・・・。
昼過ぎ辺りに浜松ICで下道に降りる。
(この頃今度は二日酔いになり始める)
吐き気を覚えながらとりあえず鰻重喰った。
美味かった。(気がする)

メシ喰ってちょっと回復したので、
今度は国道?号を伊良湖岬目指して走る。

途中海の方で凧揚げ大会をやってたらしく結構混んでいた。
そういや会社の派遣社員の娘が浜松出身で
GWは凧揚げ大会で凄い人出だと言っていた気がする。
(ディズニーランドより人出が多いらしい)
しかしまさか自分がハマるとは思ってもみなかった・・・。
道中の浜名バイパスはひじょーに気持ちのいい道だったので
思わず飛ばしてしまう。

夕方5時くらい(?)に伊良湖岬のフェリー乗り場に到着。
鳥羽行きの伊勢湾フェリーを待つが、結構混んでて2本パス。
さすがGWはツーリング客も多い。

フェリー乗り場前で一応記念撮影。この時点で既にバイクの列の最後尾。


待っている間、雨で濡れた着替えを干すコバヤシ。

6時頃初の臨時便で三重県・鳥羽市へ移動。
正味1時間の船旅はほぼ爆睡。鳥羽港到着のアナウンスで起こされ、
起きたらもう暗かった・・・。

暗い夜道を今夜のヤサである南勢町へひたすら走る。
暗くて場所が良く分からず、迷ったあげく夜9時頃宿泊先である
「南勢町交流センター」に到着。

二日酔い&疲れでヘロヘロになっていたところに追い打ち。
管理人の間違いで予約が入っていなかった・・・。

ちょっと焦ったが、イナカだから(?)大丈夫。
先客の高校生を管理人室へ追いやって部屋を空けてくれた。
空けてくれた部屋はその名も「大会議室」(40畳)。
さすがに4人で40畳は広すぎでしょ・・・。

でもこれで一泊1500円。

しかしこれだけ広いと入った瞬間、
どこに荷物を置いたらいいのか分からない・・・。
その晩はなぜかカラオケやホワイトボードの置かれた部屋で
軽く酒飲んで就寝。
さすがに一日走ると酒も美味いし、よく眠れる。

5月4日(金)
朝7時起床。
なぜかツーリングの時は朝早起きできるもんなんだ。
でも、起きたとき既にスドウはバイクを磨き終わっていた・・・。
今日は天気も快晴! まさにツーリング日和!
最終目的地である紀伊半島最南端(本州最南端でもある)潮岬を目指す。

しかし、紀伊半島はでかかった・・・。
半島ってレベルじゃねえだろ、コレってくらい・・・。
しかも全部一般道だし・・・。

でも天気もいいし景色も最高だからカンケーない。
走れればいいのだ。ツーリングは。

南勢町から紀伊長島へ抜ける山道。
片側は崖(?)で道も悪い。でも最高。

紀伊半島は山道あり、海岸沿いありで走っていてすんげぇ楽しい!!
しかもイナカだ!
天気も良くてかなりの満喫度。
もうたまらないんだよね。これが。


道中、熊野あたりの海岸。
景色が良かったのでこの直前にも休憩してたんだけど思わず再休憩。
でもこの辺から既に渋滞・・・。
途中先頭を走っていたコバヤシが車に接触して
あわや乱闘か?!
と思われることもありましたが相手も酔っぱらってたし、
大したこと無かったんで事なきを得た。
(コバヤシは相当ビビってたけど)

ところで、今回のツーリングにて
バイクで走りながら写真を撮る技術を完全マスターした。
とゆーことで走りながら撮った写真ギャラリー。

初心者FTRコバヤシ。肩張ってます


ゼファーのスドウ。
バイクはカッコだと断言する彼はやっぱカッコは良い。


今回ほとんど俺の前を走り続けたDS4カミジョー。
走行中の写真のほとんどは奴だった。

とゆーことで、とにかくひたすら走り続けてまずは串本到着。

串本町案内図前。バイクも結構多い。
東京で話題の和歌山ラーメンを喰おうと思っていたが、
地元のヒトに聞いたらそんなものは地元名物でもなんでもないらしい・・・。
和歌山ラーメンの店なんて一軒もない。
まあ、そんなもんなんだろう。
(でも、池尻(東京)の和歌山ラーメン「まっち棒」は美味い)
とりあえず、名物らしい「サンマ寿司」を求めて、目的の最南端「潮岬」へ。

着いたのは「本州最南端灯台」。

本州最南端灯台。

みやげやで「サンマ寿司」を買って灯台へ。
見るだけで150円取られた。(たいしたことねーのに)
観光客の人混みの中、芝生で寿司を喰う。
なんか酸っぱくてイマイチだった・・・。
んで、とりあえず昼寝。

とりあえず目的達成で引き返そうと思ったが、
なんか車の通りがおかしい・・・。
みんな灯台を素通りしていくのだ!
バイカーもなんだか少ない気がする・・・。
そういえば灯台から東の方に更に張り出した岬が見えた気がする・・・。

灯台から見た更に南っぽい岬・・・。

どうも釈然としない気持ちに駆られ確認の意味も含めさっき見た岬方面へ。
するとバイクで1分。めっちゃ見晴らしの良い広場が・・・。
どうもここが本当の本州最南端ポイントらしい・・・。

本州最南端広場。

「本州最南端灯台」と「本州最南端」。
騙された・・・。金まではらっちまった・・・。
まあ、今更悔やんでもしょうがないのでとりあえず、記念撮影・・・。

これがホントの本州最南端。

これでようやく今回の旅の目的達成!
とゆーことであとは帰るだけ。 なんだけど、帰りがこれがまたツライ・・・。
来た道帰るのってなんかつまんないし、
来るとき晴れてた道を夕方帰っていくのは
なんかすげーさびしい気分になる。

まあ、でもそんなこと言ってもしょうがないから
ひたすら帰るしかないんだけど。
途中勝浦のちょい手前の温泉に入って休憩。

疲れてたせいか、寝ること数時間。
しかし時間経ったら少しは渋滞も解消するかと思ったけど
そうは行かなかった。
帰り道はとにかく時間が長く感じる。
なんかもう疲れちゃったんで、帰り道明日への前哨戦(後述)で、
尾鷲にて焼き肉屋になだれ込む。

酒は飲めないんで
その分特上サーロインと特上フィレ肉に金つぎ込んで、
気力を補ってなんとか再び南勢の宿へ到着。
ホント疲れた・・・、けど楽しい一日だった。
とゆーことで風呂入って、酒飲んで寝る。

5月5日(土)
後はもう帰るだけ。
でも、後やり残したことが一つあるのだ。

「松坂で松坂牛」

これをやらないと来た意味が無いのだ。
霜降り肉目指して北上。

伊勢自動車道はすいてて快適だった。
「松坂」の看板(やっぱり牛の絵入り)を見て、
高速を降りると、周りは松坂牛の看板だらけ。
とりあえず一番目だってた「ミマツ」なる店へ直行。
駐車場へバイクへ入れて、後は喰うのみ、と思って、
わざわざ並んで店内でメニューを見る。

「サーロインステーキ 16,000円」
・・・、高ぇ〜!!!!!!

高すぎだろ!!
さすが松坂、あなどれねぇ・・・。
でも、ここまで来た以上くわねぇわけにはいかねぇし・・・。
結局、サーロインの一番安い奴(でも1万円)を喰った。
美味かった・・・・・・。

目の前で焼いてくれるんだけど、
確かに旨いんだけど・・・、高ぇ!!!!。


ウマすぎて眉間にシワ寄せたまま何も言えなくなる図。
奥スドウ、手前コバヤシ

とゆーことで肉も喰ったしあとは帰るだけ。
帰りは名古屋経由で一路東名東京方面へ。
帰り道はつまらないので省略。

あ、途中足柄SAで風呂に入った。
あそこの風呂は相変わらず良い。
なんか脱力しちゃって走る気無くすけど、良い。
なんとか気力振り絞って夜8時位には三軒茶屋到着。

それにしてもやっぱツーリングは楽しい!!
でも、疲れる・・・。
体力つけるため運動でもします。
以上。

■TOPページへ戻る

■Vmaxの魅力
YAMAHA Vmaxについて勝手に語ります。


■Vmaxカスタム&メンテナンス

俺がやってみたカスタムやメンテナンスについて紹介しています


■Vmax参考文献 NEW!
Vmaxに関する本をまとめてみた


■Vmaxカスタムパーツ集 NEW!
Vmax用のカスタムパーツをとにかくまとめてみました。いろいろあります。その数200以上!


■Vmaxよくある質問&疑問FAQ NEW!
v-maxにまつわる疑問やトラブルなどの対策や解決法(?)などをまとめました

■Vmax2000...?
東京モーターショーで遂に登場した次期V-Maxの正体とは・・・?
次期V-MAXの画像満載! 

Amazon.co.jp内に《俺流セレクトBOOKS》ストアを開店しました!
ここでは紹介しきれないバイクにまつわる色んな本をカテゴリ別にピックアップしました。
その数400冊以上。 本屋ではあまり見かけない気がするけど結構あるもんですね。

■V-MAX関連本  ■バイクカスタム ■ツーリング
■V-MAX関連グッズ ■バイクメンテナンス ■ツーリング用マップ各種
■ドラッグスター関連本・グッズ ■ライディングテクニック ■ツーリング先で読みたい本
■その他バイク関連の読み物 ■バイク漫画 ■バイクゲームDVD

文句・ご意見・質問などは、俺まで
Web検索 oreryu.nobody.jp サイト内で検索